未完成申請?

[ ? ]

ホーム > ビジネス・チャンス

ビジネス・チャンス

PRA事業案内

原則として、国籍を問わず誰でもフィリピンにて投資できます。

しかし、PRAの既存投資ガイドラインによると退職プログラムに登録されている外国人はSRRVを交付された日から30日間後、定期預金を下記の活動投資のオプションに変換することができます。

1. フィリピンのどこでもマンションを購入すること。
2. 少なくても家屋敷を長期(少なくとも20年間)で賃貸すること。
3. ゴルフクラブ又はカントリークラブの株を買うこと。


PRAプログラムに登録されていないPRA退職者は米ドル定期預金と違って他の資金により、投資することができる場合があります。ただし、企業構造(例え、個人事業体、パートナーシップ、法人又は支店)によります。すべて現行法と外国人投資法に従います。

輸出商社の場合、100%の外国資本は許可されているが、総生産高の60%以上は輸出しなければなりません。

国内市場会社の場合、外国資本否定リストにある地域を除いて外国資本100%の国資本は許可されています。外国資本否定リストにある地域で投資する場合、資本金は40%以下です。


国内市場会社(輸出しない)及び/又は1991年度外国人投資法に従う個人事業体の登録の詳細については、通産省のウェブサイトhttp://www.dti.gov.phをご覧下さい。

入社するか法人を設立するなら、証券取引委員会(http://www.sec.gov.ph) 又はフィリピン経済区庁(http://www.peza.gov.ph)のウェブサイトをご覧下さい。

貴方の製品は70%以上を輸出する場合又は会社の活動は投資優先計画のリストに入っている場合、投資委員会のウェブサイトhttp://www.boi.gov.phをご覧下さい。



退職投資家

申請者がフィリピンに投資することを決めたら、我々は下記のことを援助します:

1. 米ドル定期預金を投資に換える申請の前処理と評価;
2. 登記官(RD)で投資になる土地の所有権にPRAの制限の注記;
3. 5営業日以内に投資の申請の処理と承認


退職者の投資オプション

退職者は下記の活動投資のオプションの中で選ぶことができます。
1. マンションを購入すること;
2. 家屋敷を長期で賃貸すること;
3. ゴルフクラブ又はカントリークラブの株を買うこと。
注:以前フィリピン人の場合、都市地域で5,000平米以下の土地又は農村地域でビジネスか他の目的によって3ヘクタール以下の土地を購入することができる。


開発業者

フィリピン退職庁はいつも退職者にその世界一流サービスの提供努力及び国内退職事業の開発に対する援助をしてくれる新パートナーを探しています。

PRAは現在、ホテル、マンシオン、コンドテル、アパート、リゾート、居住施設及び介護の有無にかかわらず退職施設とのパートナーシップを探しています。