未完成申請?

[ ? ]

ホーム > どうして退職後フィリピンに暮らすのか?

どうして退職後フィリピンに暮らすのか?


どうして退職後フィリピンに暮らすのか?

「フィリピンでの生活に満足」。これはフィリピンを第2の祖国として選んでくれるような我々の以前フィリピン人と外国人向けの招待です。フィリピンの活気あふれる文化、ホスピタリティー、フレンドリーな英語が話せるみんな、自然環境、熱帯気候のお陰で、退職者は手ごろなコストとフィリピンで良い生活を期待できます。


地理
フィリピンは島礁国であり、7,107の島からなっています。北側から南側まで1,840 キロあります。フィリピンは東南アジアの一部で、台湾北側は台湾、南側はインドネシア、マレーシア、ボルネオ、西側は南シナ海、東側は太平洋に隣接しています。フィリピンの主な島はルゾン、ビサヤス、とミンダナオです。首都はマニラです。時間帯は+8時間です。


季節
一般的には、フィリピンは亜熱帯です。3月から5月までは暑くて乾燥です。6月から10月までは雨です。11月から2月まではしのぎやすくなります。平均気温は78F/25C~90F/32Cです。湿度は77%です。


言語
退職者とフィリピン人の間の相互理解は問題ではありません。ほとんどのフィリピン人はある程度の英語が分かり、話せます。実は、英語が出来る人数では、フィリピンは世界3番目です。

公用語はフィリピン語と英語です。フィリピン語はタガログ語に基づいてフィリピンの国語です。英語は広く使われており、高等教育の教育手段です。主に使われている8つの方言はタガログ、セブアノ、イロカノ、ヒリガイノン又はイロンゴ、ビコル、ワライ、パンパンゴ、とパンガシネンセです。


宗教
約83%のフィリピン人はカトリックです。 約5% はモスレムです。他は宗派の違うキリスト教並びに仏教です。


生活費
退職後フィリピンに居住する場合、一番の魅力は生活費の安さです。住宅費、食費、労働費はかなりお手ごろです。国籍を変えたフィリピン人と外国人の退職者は退職後フィリピンで暮らせ、生活費の安さだけではなく、とても有利な為替レートの便宜を享受することができます。

フィリピンの通貨単位はペソです。外貨はホテル、大きなデパート、銀行、フィリピン中央銀行認可両替商で両替できます。ビザ、ダイナーズ・クラブ、バンク・アメリカード、マスターカード、とアメリカン・エクスプレスという国際クレジットカードは一流施設で受け入れられています。


ワールドクラスの医療業務と保健サービス
医療業務に関して、我々の施設は他のベストな施設と比べても遜色がありません。我々の高度な訓練を受けた医療関係者と介護士は彼らの能力と専門的知識だけではなく彼らが患者に対して特別なケアと思いやりがあるために世界中で需要があります。高齢者市場の中で優先であるヘルスケアは優秀な医療関係者として世界的に有名であるフィリピン人の部門です。


フィリピン人のホスピタリティー
フィリピン人は自然に暖かくて、友好的、手厚くもてなす習慣があります。我々は誰にでも笑顔で接します。我々の宗教的背景は主にカトリックのため、他人に対するサービスは生まれつき持っているものです。


通信優位性
各退職者はフィリピンの改善している通信機能を利用できます。彼らは世界で起こっていることに後れを取らないし、祖国にいる親戚や友達と連絡を取れます。


エコツーリズム行き先
フィリピンは母なる自然に近づけようとする清浄な空気と美しい景色のある世界一流な行き先が多くあります。退職者にとってより取り見取りです。ボラカイとパンラオの白い砂浜、及び「最後の辺境」とよく呼ばれるパラワンの未開墾の島は本当に忘れられない、フィリピンに戻ることを誘われる所です。


フィリピン退職庁サービス
フィリピン退職庁(PRA)は退職者が会員になった後、彼らに提供するアフターサービスを誇っています。彼らはフィリピン滞在中にPRAを第二家族と見なすことができます。PRAは彼らのニーズに対応します。困っているときにも手助けします。